結婚式二次会ポータルサイト
結婚式二次会イベント

結婚式二次会おすすめイベント!結婚の誓い!寿だるま開眼式!

結婚式二次会におすすめのイベント紹介。今回は「結婚の誓い!寿だるま開眼式」をご紹介します。日本らしさ溢れるだるまを使ったイベントは結婚式二次会だけでなく披露宴にもおすすめのイベントです。

「結婚の誓い!寿だるま開眼式」とは?

寿だるま開眼式はその名の通り、新郎新婦に結婚の誓いをしてもらい、寿だるまに目を入れて開眼するイベントです。

はて?そもそもだるまの開眼とは何でしょうか?

だるまの開眼とは?

縁起物として有名なだるまですが、買った時には目が入っていません。

目入れ前の開眼していないダルマ

その目が描かれていないだるまの両目に目を入れる事を開眼と言います。

  1. 願掛けをして、だるまの左目を入れる
  2. 願いが叶ったら、だるまの右目を入れる

これがだるまの開眼です。おめでたい席の結婚式二次会、いや披露宴にもピッタリのイベントだと思いませんか?

「結婚の誓い!寿だるま開眼式」の流れ

やり方はいろいろとアレンジできますが、基本的な流れを説明します。

1.新郎に願掛けをしながら“寿だるまの左目”を入れてもらう

だるまの左目に目を入れる新郎

願掛けの内容はなんでもOKですが、その後に願いを成就させてもう片方の目を入れるので、即願いが成就するものが良いです(笑)

例えば、

「新婦を世界で一番幸せにしたい!」
「みんなに結婚を祝福してもらいたい!」

などが基本的なものになります。

2.願いを成就させ新婦に“寿だるまの右目”を入れてもらう

だるまの右目に目を入れる新婦

例えば、

願掛けが先の1つ目の例、「新婦を世界で一番幸せにしたい!」であれば、新婦が「もう世界で一番幸せです!」と言えば願いが成就します。

願掛け2つ目の例、「みんなに結婚を祝福してもらいたい!」であれば、司会者が「新郎新婦の結婚を祝福する人は今日一番の拍手をください!」と言って拍手をもらい願いを成就させます。

願いが成就した後に、新婦が“寿だるまの右目”に目を入れればOKです。

「結婚の誓い!寿だるま開眼式」のシャッターチャンス

寿だるま開眼式はシャッターチャンスも満載です。撮影するタイミングは至ってシンプル!

  • 新郎が寿だるまの左目を入れているとき
  • 新婦が寿だるまの右目をいれているとき
  • 開眼した寿だるまを二人で持って見せているとき

司会者が撮影を促して、バシバシと写真を撮ってもらうと、より華やかさが増します。

開眼しただるまを持つ新郎新婦

しっかりとシャッターチャンスが作れるので、寿だるま開眼式はケーキ入刀の代わりにもおすすめのイベントです。

「結婚の誓い!寿だるま開眼式」は寄せ書きにもなる!

寿だるま開眼式は単にイベントをするだけではありません。なんと寄せ書きにもなります。新郎新婦が誓いを立てた寿だるまに祝福のメッセージをたくさん書いてもらいましょう。

寿だるまの背面に祝福のメッセージを書く女性ゲスト 寿だるまの背面に祝福のメッセージを書く男性ゲスト

とても素敵な思い出の品になる事、間違いなしです。

背面に祝福のメッセージがたくさん書かれた寿だるま

「結婚の誓い!寿だるま開眼式」に必要な物

寿だるま開眼式に必要な物をまとめておきます。

  • 寿だるま
  • 筆ペン
  • 油性ペン

以上の3つを用意すればOKです。それぞれ詳しく説明しておきましょう。

寿だるま

色は寄せ書きをしやすいので白がおすすめですが、もちろん赤でも問題無しです。新郎新婦の名前や結婚式の日付が入ります。大きさも種類があるので、好みで決めたり、寄せ書きのスペースや結婚式後に家に飾る場所など考慮して大きさを決めると良いと思います。寿だるまはコスパも良く、Webで手軽に注文できます。

≫寿だるま

筆ペン

新郎新婦が目入れをするときに使います。普通の筆に墨汁だと、万が一ドレスに墨汁が垂れてしまったりすると大変なので、筆ペンがおすすめ。そして、目を入れるのに使用するので、太字の筆ペンが良いでしょう。

≫筆ペン太字

油性ペン

寄せ書き用にカラフルな油性ペンも用意しておきましょう。油性ペンは何でも構いませんが、「チェキにメッセージを書くのに適したペンは?」でも説明したのと同様に、速乾性のある定番の油性ペンがおすすめです。

≫定番の油性ペン

「結婚の誓い!寿だるま開眼式」のまとめ

結婚式二次会におすすめのイベント「寿だるま開眼式」、いかがだったでしょうか?

  • 誓いを立てれる
  • シャッターチャンス満載
  • 寄せ書きもできる

そして、だるまを使う事で日本らしさも演出できちゃいます。運営も大変ではないので、幹事の負担少なく実施できるのもおすすめポイント。是非、結婚式二次会のイベントに加えてみて下さい。