結婚式二次会ポータルサイト
結婚式二次会コラム

ブライズメイドとアッシャー本来の役割

ここ数年日本の結婚式でも花嫁・花婿の友人たちが務めるブライズメイドとアッシャーの演出が多くみられます。でも、このブライズメイドとアッシャー、日本では本来の意味と少し違った形で定着しているんですよね。

今回はブライズメイドとアッシャーの本来の意味をご紹介です。

ブライズメイドとは?

花嫁の付き添い人、立会人として、結婚式で花嫁の側に立つ女性たちのことを指し、主に花嫁の友人、姉妹、親族で、未婚の女性が務めることが多いようです。

ブライズメイドは白以外のお揃いのドレスを着てブーケ持ち、花嫁に華を添え引き立て、結婚式を盛り上げる大切な役目です。

また、花嫁の移動などのお手伝いをするアテンドの役割も担います。

ブライズメイドの本来の役割

一般的に2名~5名ほど選ばれるブライズメイドですが、その中でも一番親しい方にリーダーとなってもらい、その方に中心的な役割を果たしてもらいます。

主に、

  • 挙式の時にドレスの裾を直す
  • 指輪交換の時にブーケやローブを預かる

など介添えの意味もあるので、信頼している方を選びます。

また、挙式当日だけでなく、花嫁を祝福するブライダルシャワーと呼ばれる参加者は女性のみの前祝いパーティも企画します。結婚式当日へ向けて気分を盛り上げます。

日本のブライズメイドは?

一方日本では、本来の役割とは違い、花嫁と友達ゲストでおそろいの格好などする演出という意味で「ブライズメイド」が定着してきたようです。

アッシャーとは?

日本ではアッシャーと呼ばれることが多いですが、グルームズマンが正式名称。

アッシャーとは花婿の世話役を務める花婿付添い人として挙式をサポートします。 花婿の兄弟や友人等の未婚男性が務めます。

アッシャーの本来の役割

アッシャーも2名~5名程選びますが、ブライズメイドと人数を合わせます。こちらも同様に一番信頼できる方を1名選んでおく必要があります。

当日アッシャーは

  • バージンロードを敷く
  • ブライズメイドをエスコートする
  • 進行の手伝いをする
  • ゲストを席までエスコートする

などを行います。

そして、アッシャーも同様、当日だけではなく、

  • 結婚式の準備を手伝う
  • 二次会を取り仕切る

など幹事のような役割も行います。

また、バチェラーパーティーと呼ばれる、花婿の独身時代最後の日をバカ騒ぎして一緒に過ごし、独身にお別れする企画をするのもアッシャーの役割です。

まとめ

ブライズメイドとアッシャーについて、いかがだったでしょうか?友人と共に一生に一度の結婚式を創り上げるのはとても素敵な思い出になると思います。