結婚式二次会ポータルサイト
結婚式二次会コラム

なぜ結婚式二次会ゲームはビンゴが多い?ビンゴゲームの3つの特徴

結婚式二次会のイメージを尋ねると「ビンゴゲーム!」と答える方が多くいます。確かに結婚式二次会のゲームはビンゴをする事が多いので、そういうイメージも定着しますよね。

しかし、なぜ結婚式二次会のゲームと言えばビンゴゲームが多いのでしょうか?ビンゴの持つ優れた3つの特徴を見ながらその理由を探ってみましょう。

結婚式二次会でゲームを運営するのは難しい

まず前提として、結婚式二次会でゲームを運営するのは難しいという事を押さえておきましょう。

結婚式二次会は平均で50~60名、多いと100名以上が集まる大規模なパーティーです。普段から大人数が集まるイベントを実施している方ならともかく、慣れない友人幹事さんが大規模なパーティーを運営するのは想像以上に大変です。そんな中、更に全員が一斉に楽しめるゲームを運営しなければなりません。

そもそも、大規模なパーティーで行うゲームはその種類自体が少なく、ビンゴ以外のゲームだと、クイズやグループ対抗戦などが挙げられます。しかし、クイズだと全員が一斉に回答するのは難しく、回答者の人数が限られてしまいます。グループ対抗戦の場合、ルールを理解してもらうのが大変だったり、グループ分けなどで時間を取られてしまうので、想定以上に時間がかかってしまうといった問題があります。

その点、ビンゴゲームはその優れた3つの特徴によって、大人数でもスムーズに進行&運営できるゲームになっているのです。

ビンゴゲーム特長1:ルールが簡単で気軽に参加できる

結婚式二次会に限らず、ビンゴゲームを行う際、ルールの説明はほとんどいりません。知ってる方がほとんどですし、知らない方には近くの方が説明してくれます。忘れがちな事ですが、結婚式二次会はお酒を飲む場でもあります。難しく複雑なルールのゲームだと、酔った方は面倒臭がったり、ルールが分からないと諦めたりして参加しなくなってしまいます。その点、ビンゴなら、ルールも簡単ですし、周りの人と会話しながら気軽に参加できるので、みんなにゲームを楽しんでもらえます。

ルール説明が無い。それだけでゲームの運営がとても楽になり、幹事の負担はグッと減ります。

ビンゴゲーム特長2:みんなに平等にチャンスがある

ビンゴゲームの最も優れた特長はこれではないでしょうか?参加した人みんなが平等に景品をゲットするチャンスがある!例えば、クイズだと新郎新婦の事をどれだけ知ってるかにより正解率が変わりますし、グループ対抗戦だとどんな人と同じチームになるかによって勝率が変わります。勝ち目が無いなと思うと、やる気が下がってしまうのは人の常。一体感ある盛上がりが期待できなくなってしまいます。

その点、ビンゴはもう運だけです。手にしたビンゴカードにある数字が出るか出ないか!シンプルな分、平等。その平等が故にわだかまりなくゲームを楽しんでもらえ、運営側が必要以上に苦労しなくとも、しっかり盛り上がってもらえます。

ビンゴゲーム特長3:時間が読みやすい

結婚式二次会全体の運営という観点からみると、ゲームが予定通りの時間で終わるかどうかはとても大切な事です。ゲームに予想以上の時間を取られた場合、その後の進行を無くしたり、内容を削ったりする必要が出てきてしまいます。ゲームは結婚式二次会の中盤で行う事が多いので、そのリカバリーをする事が難しくなって来るのです。万が一、閉宴の時間が大きく過ぎてしまうと、会場の延長料金を支払う羽目になるなんて事もあり得ます。

その点、ビンゴは時間がとても読みやすい為、そういった心配が少なくなります。景品数にもよりますが、サクサクと進行していけば30分前後で終わります。進行自体も簡単なので、慣れてない幹事の人でも余計に時間がかかる事もありません。

ビンゴは他の進行に影響を与えにくい優等生さも持ち合わせたゲームと言えます。

まとめ

結婚式二次会におけるビンゴゲームの3つの特長。いかがでしたでしょうか?

  • ルールが簡単で気軽に参加できる
  • みんなに平等にチャンスがある
  • 時間が読みやすい

こういった特徴があるので、結婚式二次会のゲームにビンゴを選ぶ幹事が多いのだと思います。中には、「面倒だからビンゴで良いや~」という幹事さんもいるかもしれません。でも、それはそれで良いのです。斬新で難しい企画のゲームをやるのも悪くありませんが、シンプルなビンゴゲームでもしっかり確実に運営すれば結婚式二次会はバッチリ盛上がります。

定番なものには定番足り得る理由がある訳です。