結婚式二次会ポータルサイト
結婚式二次会コラム

結婚式二次会の受付用のお釣りはいくら用意すれば良いのか?

結婚式二次会の準備をしていて、幹事の悩みどころの一つが受付用の“お釣り”をいくら用意すれば良いのか?ということ。会費制で行われる事がほとんどの結婚式二次会。予め会費を伝えておいても、ピッタリ持って来ない方ももちろん多くいる為、お釣り用の現金を用意しておく必要があります。そうは言っても、千円札や五百円玉をどのくらい用意すれば良いのか?いざ考えてみるとなかなかに難しいところです。

お釣りが足りなくなるのは絶対NG!

お釣りに限らず、結婚式二次会の受付で大事な基本的な考え方は・・・

「足りなくなるくらいなら、大量に余った方が良い!」

という考え方です。

通常、結婚式二次会の受付は、30分ほどの時間で何十人ものゲストの受付をします。お名前を伺って、会費をお預かりして、ビンゴカードなど渡したり、チェキを撮ったり。単純にゲストが60名だとしたら、それだけの事を1分で2名、こなしていかなければなりません。そんな忙しい受付中にお釣りが足りなくなるとどうなるでしょう?間違いなく混乱してしまいますよね。受付が長引いて、開宴時刻に間に合わなくなる事もあるでしょう。

そうならない為に、受付用のお釣りは多く余るくらい準備しておいた方が良いのです。

お釣りはどのくらい用意すれば良い?

では、具体的にどのくらいのお釣りを用意すれば足りなくならないか考えてみましょう。

目安となる量は『予定出席者数』と『会費の金額』から計算していきます。

例えば、

●予定出席者数
男性:30名 女性:30名

●会費
男性:8,000円 女性:7,000円

のときに、出席者全員が1万円札を出したケースを考えてみましょう。

男性が1万円札を出した場合、お釣りは千円札が2枚となります。30名だと60枚の千円札が必要という事になります。女性の場合、1万円札のときお釣りは千円札が3枚なので、30名だと90枚の千円札が必要です。つまり、合計して150枚の千円札があれば足りなくなる事は絶対にない!と言えます。

とは言え、これはあくまでも最大値。現実的に出席者全員が1万円札を出すことは無いでしょう。皆さん事前に会費を知っているので、少なくとも半分くらいの人は会費ピッタリの金額を払ってくれると思って間違いありません。そうなると150枚の半分の75枚の千円札がお釣りとして必要となりますが、ピッタリ払ってくれた人の千円札が増える事にもなりますので、実際は75枚なくても大丈夫。少し余裕を見て千円札が50枚あれば問題ないと思います。

五百円玉は要注意!

会費が7,500円など五百円単位の場合、五百円玉をお釣りとして用意しておく必要があります。その際、千円札と違って五百円玉の量には注意が必要です。経験上、結婚式二次会の受付で五百円玉はかなり消費します。ピッタリ払ってくれる人が少なくなりますし、ピッタリ払ってくれても、五百円玉は1枚しか増えません。たくさん減るのに増えていかないのが五百円玉なのです。

では、五百円玉はどのくらい用意しておけば良いのか?ずばり!全体の人数の3分の2くらいの枚数が目安となります。60名だったら40枚あれば問題ないでしょう。

まとめ

結婚式二次会の受付用のお釣りは以下の点を考慮して、多めに用意するようにしましょう。

  • 『予定出席者数』と『会費の金額』から考える
  • 千円札は半数が1万円札を出した場合に必要なお釣りの3分の2を目安に用意する
  • 五百円玉は全体の人数の3分の2の枚数を用意する

来てくれたゲストに結婚式二次会を快く楽しんで頂く為には受付のスムーズさも大切です。お釣りをしっかり用意して、万全の体制でゲストを迎えましょう。