結婚式二次会ポータルサイト
結婚式二次会コラム

ビンゴゲームの数字の出し方4パターンを検証してみた

結婚式二次会のゲームと言えばビンゴですよね。定番!ありきたり!と言われつつも、みんなに気軽に楽しんで貰えますし、幹事の運営も簡単なので、やっぱり人気があります。

とは言えそのビンゴ、いざ結婚式二次会でやってみようと考えたとき、幹事の悩むポイントがあります。それは、ビンゴの数字の出し方です。

ビンゴの数字は1~75まであります。その75個の数字をランダムに出していく事でビンゴは進んで行くわけです。単にそれだけの事ですが、どのように数字を出していくのが良いのでしょうか?

その数字の出す方法を紹介しつつ、それぞれのメリットデメリットを検証していきましょう。

ビンゴゲームの数字の出し方 その1 くじ引き

ビンゴの数字の出し方で一番シンプルな方法がくじ引きです。

1~75までの数字の書かれた紙を用意して抽選箱に入れます。それを新郎新婦に引いてもらい、数字を読み上げて貰います。とてもシンプルです。

数字のカードも販売されています。


ビンゴ用数字カード

【メリット】

  • お金があまり掛からない

【デメリット】

  • 用意するのに手間がかかる
  • 途中、何度か司会者が出てきた数字を全部読上げ直す必要がある

ビンゴゲームの数字の出し方 その2 ビンゴマシン

続いてはビンゴマシンを使う方法です。こちらも使い方はとっても簡単。1~75までの番号が付いた玉を中に入れて、新郎新婦がハンドルを回します。出てきた番号を読み上げていき、出てきた玉は玉置場の同じ数字のところに置いていく。それだけです。くじ引きと同様にシンプルですね。


ビンゴマシン

【メリット】

  • ビンゴっぽい

【デメリット】

  • 途中、何度か司会者が出てきた数字を全部読上げ直す必要がある

ビンゴゲームの数字の出し方 その3 デジタルビンゴマシン

その名の通り、ビンゴマシンがデジタルになったものがデジタルビンゴマシン。スイッチを押すとランダムに数字が出てきます。アナログなビンゴマシンと比べて、玉を並べたりしなくて良いので、幹事的にはラクになります。


THE デジビンゴ

【メリット】

  • 玉を並べる必要がない

【デメリット】

  • お金がかかる
  • 途中、何度か司会者が出てきた数字を全部読上げ直す必要がある

ビンゴゲームの数字の出し方 その4 ビンゴマシンアプリ

2次会レリッシュ制作のパソコン用のビンゴマシンアプリ。パソコンをプロジェクターに繋げて、大画面でビンゴを行っていきます。何の数字が出たのか一目瞭然なのと、出てきた数字が画面上に残っていくので、進行もスムーズです。ビンゴはテンポが命!という想いから開発されたビンゴ専用アプリです。

【メリット】

  • 司会者が出てきた数字を読上げ直す必要がない

【デメリット】

  • パソコンとプロジェクターが必要

≫ビンゴマシンアプリはこちら

まとめ

このようにビンゴの数字の出し方は色々とあります。それぞれにメリットとデメリットも書き出してみました。どれを使っても結婚式二次会のビンゴゲームはしっかり運営できます。予算や状況に合わせて、より良いやり方をチョイスしましょう。